2021-02-18

フィード機能:SNS投稿収集における仕様一覧

目次

  1. プランごとの機能
  2. Instagramハッシュタグ設定における仕様
  3. Twitterハッシュタグ設定における仕様
  4. その他確認事項

プランごとの機能

ユーザーが各SNS上で投稿を行ってから

PRO・PRO Plusプランの場合は3時間ごと
Premium・Enterpriseプランの場合は15分ごと

に20件ずつシステムが投稿を収集し、収集された投稿がサイト上に表示されます。

PRO・PRO Plusプランでは1日最大160件、Premium・Enterpriseプランでは1,920件の投稿が収集できる計算となります(どちらも理論値)。さらに短い収集間隔をご希望の場合にはお問い合わせよりお気軽にご相談くださいませ。

※どの投稿が収集されるかという明確な定義はないため(必ずしも時系列順ではありません)、PRO・PRO Plusプランにおいて3時間以内に20以上の投稿が発生した場合には、収集漏れが起きる場合がございます。その場合、どの投稿が収集漏れとなるかは明確な定義はないため(必ずしも時系列順ではありません)予めご了承くださいませ。

Instagramハッシュタグ設定における仕様

Instagram APIの仕様上、下記2種類の投稿の中から最大で40件の投稿のみがEmbedSocialでハッシュタグを設定した直後に収集可能です。

1. 過去24時間以内の投稿
2. トップポスト(人気の投稿)

※トップポストの明確な定義は、Instagram側より公開されておりません。

Twitter

Twitter APIの仕様上、Twitterハッシュタグ初回設定時に収集できる投稿は過去7日間の投稿のみ・最大で20件の投稿を収集することができます。

その他確認事項

※Embedsocialでは各SNSのAPIを使用し、投稿を収集しております。TwitterやInstagramで表示されている内容とAPIで収集できる情報は必ずしも同じでない場合がありますので、収集に関して全ての投稿を収集するという事を動作要件としては保証できません。予めご了承くださいませ。

SNS上で多くの新規投稿が追加されているものの、EmbedSocialで全く収集されていないといった場合には下記をお確かめくださいませ。

詳細はこちら:フィード機能:トラブルシューティング

疑問点は解決されましたか?

右下の『サポート』フォームよりご質問をいただくことができます。

ナレッジベースに戻る