2020/08/06

TikTokの動画を収集し、WEBサイトに埋め込む方法

最終更新日 – 2022-09-13

1. ブラウザでTikTokを開き、埋め込みたい動画をクリックします。

2. 「リンクをコピー」より動画URLを取得します。

3. https://embedsocial.com/admin/login にアクセスしログインします。

4. フィード機能の管理画面へと移ります。

5. 「ソース」>「新しいソースを追加」より収集元である新規ソースを追加します。

6. TikTokを選択します。

7. 先ほどコピーしたリンクを入力します。

8. ウィジェットの表示レイアウトを選択します。後から変更することができます。

9. 入力したURLをもとにウィジェットが生成されました。左枠のコードを埋め込むことで、TikTokから収集した動画をWEBサイト上で表示させることができます。

基本の運用方法一覧

一度コードを埋め込んだのちに管理画面から行った変更は、約5分ほどでWEBサイト上へと自動的に反映されます。(※一部レイアウトへの変更等を除く)

収集した投稿の[表示/非表示]を設定する方法

自動で収集した投稿のうち特定の投稿を選んで非表示にすることができ、ハッシュタグからの投稿収集時に不適切な投稿が混ざってしまった場合にも対処することができます。反対にWEBサイトには非表示の状態で新規投稿を収集し、管理画面より承認した投稿だけを表示させることも可能です。

設定方法の詳細はこちら:収集した投稿の[表示/非表示]を設定する方法

投稿の並び替えを設定する方法

管理画面へと収集した投稿に対して、基本となる自動の並び替え・トップに表示させる投稿を手動で選択することができます。

設定方法の詳細はこちら:投稿の並び替えを設定する方法

レイアウトの調整方法一覧

表示させるレイアウトのテンプレートや付随する要素など、技術的な知識がなくても管理画面より簡単に変更することができます。WEBサイトのデザインやUIに合わせた調整が可能です。

設定方法の詳細はこちら:レイアウトの調整方法一覧

ウィジェットの投稿に外部リンクを設置する方法

WEBサイトに埋め込んだ投稿に外部リンクを設置して、SNS投稿を動線としてお問い合わせなどのコンバージョンを促進していただくことができます。ECサイトでのEmbedSocial活用時などに効果的です。

設定方法の詳細はこちら:ウィジェットの投稿に外部リンクを設置する方法

ウィジェットのクリック数をカウントし効果測定をする方法

EmbedSocialを使ってWEBサイトへと埋め込んだ投稿が何回クリックされたかをカウントし、レポート化することができます。SNSウィジェット導入における効果測定に活用できます。※プレミアムプラン以上の機能

設定方法の詳細はこちら:ウィジェットのクリック数をカウントし効果測定をする方法

収集した投稿情報をレポートとして出力する方法

ハッシュタグなどを通して収集したSNSの投稿情報は、エクセル・CSV形式などでレポートとして出力することができます。

設定方法の詳細はこちら:収集した投稿情報をレポートとして出力する方法

作成したウィジェットにオリジナルの投稿を追加する方法

EmbedSocialを使って埋め込み表示させるSNSの投稿ウィジェットに対し、管理画面より手動でオリジナルの投稿を追加することができます。すぐに掲載したいお知らせの掲載や、簡単なCMSとしても活用することができます。

設定方法の詳細はこちら:作成したウィジェットにオリジナルの投稿を追加する方法

疑問点は解決されましたか?

右下の『サポート』フォームよりご質問をいただくことができます。

ナレッジベースに戻る