2021-12-28

AdobeフォントをEmbedSocialウィジェットに反映させる方法

最終更新日 – 2021-12-28

EmbedSocialで作成した埋め込み用ウィジェットには、一部のWEBフォントを管理画面上の操作で反映させることが可能です。今回はAdobeフォントの反映方法をご紹介いたします。

Adobeフォントを反映させる方法

1. Adobeアカウントにログインした状態で https://fonts.adobe.com/ にアクセスし、検索バーから反映を希望するフォントを検索します。※Adobeフォントの使用にはAdobeアカウントが必要です

2. 表示されたフォントより「WEBプロジェクトに追加」を選択します。

3. プロジェクトを作成し「保存」へと進みます。

4. 表示される埋め込みコードの下にある「@importリンク」をクリックします。

5. 新たに表示されたコードのうち「@import url…」の一行をコピーします。

6. EmbedSocialの管理画面を開き、ウィジェットの編集画面へと移動します。

7. 「カスタムCSS」の項目に先ほどコピーした「@import url…」の一行貼り付けます。

8. 先ほどのAdobeフォント画面に戻り、反映させるフォントのCSSプロパティ・値をコピーします。

9. セレクタに「body」を指定し、先ほどコピーした内容を貼り付けます。

最終的なカスタムCSSは以下のようになります。※下記は例であり、そのままコピーしてもフォントは反映されません

10. 「適用」をクリックすることで、Adobeフォントを反映させることができます。

疑問点は解決されましたか?

右下の『サポート』フォームよりご質問をいただくことができます。

ナレッジベースに戻る