linkinbio-feedlink-jp-lp
  • 投稿日 2023/04/15
  • 最終更新日 2023/04/15

ローカルSEOを強化するためのGoogleビジネスプロフィール活用法

SEO対策と聞くと難しいイメージや競争が激しく参入障壁が高いイメージが強いですが、ローカルSEOにおいては必ずしもそうではありません。位置情報をもとに検索が行われるため個人で営業する店舗であってもGoogle検索やマップ上で上位表示を狙うチャンスが十分に存在します。今回はそんなローカルSEOの概念を紹介するとともに、実際に運用していくうえでの設定や注意事項を網羅して解説いたします。

目次

  1. ローカルSEOとは?
  2. ローカルSEO対策を行うメリット
  3. ローカルSEOの種類
  4. Googleビジネスプロフィールとは?
  5. ローカルSEOとSEO対策の違い
  6. ローカルSEOとMEO対策の違い
  7. ローカルSEOで表示順位が決まる要素
  8. ローカルSEO対策【初期設定】
  9. ローカルSEO対策【日常運用】
  10. ローカルSEO対策における効果測定の仕方
  11. ローカルSEO対策における注意事項
  12. ローカルSEO対策におけるトラブル防止対策
  13. 複数の拠点を管理する場合に便利なツール

ローカルSEOとは?

ローカルSEO(Local SEO)は、地域特化型の検索エンジン最適化(SEO)の一種です。つまりローカルSEO対策の目的は、地域に住む人に対して自社のビジネスをより簡単に発見してもらうこと意味します。

ローカルSEOの具体的な例としては、検索時に「福井 カレー屋」と地域名を含める場合または「近くの カレー屋」と位置情報をもとに検索を行う場合の2つのパターンがあります。

このような検索の仕方に対して自社情報を表示させるためには、Googleマップや地域に特化したポータルサイトに登録することや、地域名を含めたコンテンツを作成することで検索エンジンに対して、該当地域との関連性を認識させることが重要になります。特に小規模な地元企業や地域密着型のビジネスにとって、ローカルSEOは非常に重要なマーケティング戦略の一部となっています。

ローカルSEO対策を行うメリット

競合が比較的少ない

地域に限定したローカルSEOでは、該当地域のお店のみが対象となるためその検索対象が限定されるほど、検索に表示される可能性のある競合が少なくなるのが特徴です。「東京 ナポリタン」と検索するよりも「新宿 ナポリタン」さらには「新宿駅周辺 ナポリタン」と検索するほうが、より位置情報によって検索結果が絞られて表示されます。

通常のインターネット検索やSNSとは異なり、ローカルSEOでは個人の小規模店舗でも上位表示されるチャンスが潜んでいます。

集客に直結しやすい

またローカルSEOの手段により検索する人の多くは、これから行くお店を選定している段階であり、その多くの場合は外出中での出来事です。検索をするユーザーの求める条件に一致すればすぐに行動に繋がるため、検索が集客に直結しやすい点は大きなメリットです。

低コストで対策を行うことができる

またローカルSEOの対策は、自社ホームページやGoogleビジネスプロフィールへの登録(後述)で完結することができるため、多くの場合無料で始めることができます。実店舗を経営されているオーナー様などでWEBマーケティングにあまり馴染みのない場合は、ローカルSEOの対策から始めるのが、WEBマーケティングの第一歩です。

どれだけ顧客に愛されているかが重要

ローカルSEOの表示順位に影響するのは位置情報だけではありません。Googleマップ上で集めることができる口コミの数や評価も表示順位を決定する上での重要な要素の一つとなります。そのため経営店舗がどれだけ自社の顧客に愛されているかが大きな鍵となり、この点では個人経営店舗はチェーン店より有利といえます。

ローカルSEOの種類

ローカルパック

ローカルSEOにおけるローカルパックとは、Google検索結果ページ最上部に表示される地図とローカルビジネスが表示される場所のことです。検索キーワードが地理的な場所に関連する場合、このローカルパックが出現します。

ローカルパックには、検索キーワードに関連する地域のビジネスが3つから10個まで表示されます。各リストには、ビジネス名や住所・電話番号などの基本情報だけでなく、口コミ数・評価の度合いなどの情報が含まれます。また、地図上には、各ビジネスの場所がマーカーで表示されます。

この位置に表示されるとユーザーの目につく回数が段違いに増加するため、ローカルSEOの対策が大きな効果を発揮します。

ナレッジパック

ローカルパックとは異なり、ナレッジパックは自社のビジネス名が直接検索された場合に表示されます。位置情報に関連するものではありませんが、Google検索画面内に大きなスペースで自社の基本情報や画像、口コミやマップ情報を表示させることができるため、店舗の詳細を知りたいユーザーが来店へと繋がるのを大きく後押しする効果が期待できます。

Googleビジネスプロフィールとは?

Googleビジネスプロフィールとは、Googleが提供する無料のサービスであり、ローカルビジネスが自社の情報をGoogleの検索エンジンとマップに表示するために利用できるプラットフォームのことです。Googleビジネスプロフィールを作成することで、ビジネスの名前や住所、営業時間・電話番号・ウェブサイトのリンクなどの情報をGoogleの検索エンジンとマップに掲載することができます。

またGoogleビジネスプロフィールでは、店舗のイメージを想起させるための写真や動画、お知らせやプロモーション情報、レビューなどの情報も掲載することができます。また展開するビジネスが飲食店や宿泊施設などの場合にはGoogleマップ上から予約するためのボタンなどを設置することも可能です。

Googleビジネスプロフィールは、ローカルSEOにおいて非常に重要な役割を果たします。Googleビジネスプロフィールを最適化し、正確かつ最新の情報を提供することで、ビジネスは検索結果ページの上位に表示される可能性が高まります。ローカルビジネスがGoogleビジネスプロフィールを活用することで、地域の顧客にアクセスし、ビジネスの成長につなげることができます。

ローカルSEOとSEO対策の違い

ローカルSEOは、特定の地域に焦点を当てたSEO対策であり、地域内の検索クエリに関連する検索結果で上位に表示されることを目的としています。ローカルビジネスや小規模事業が、地域の顧客を獲得するために重要な役割を果たします。ローカルSEO対策には、Googleビジネスプロフィールの最適化や地元のキーワードを使用したコンテンツ作成、地元のディレクトリや口コミサイトへのリンクの取得などが含まれます。

一方で一般的なSEO対策は、特定の地域をターゲットにしていない、より広範なインターネット環境において上位表示することを目的としています。全国的にチェーン展開する企業やインターネットからの集客を中心とするSaaS製品など、より幅広い顧客層を対象とするビジネスに適しています。一般的なSEO対策は、サイトの技術的な最適化や高品質なコンテンツの作成、リンクの取得・各種SNSでのプロモーション活動などが含まれます。

簡単にまとめると、ローカルSEO対策は地域の顧客を対象として地元でビジネスを展開する企業に適しており、一般的なSEO対策はより広い顧客層を対象とするビジネスに適しています。

ローカルSEOとMEO対策の違い

Googleマップのビジネス活用においてはMEO(Map Engine Optimization)対策という言葉を耳にする機会の方が多いかもしれません。その名の通り、MEO対策においてはGoogleマップのみにおける表示順位の向上を目指すものであり、ローカルSEO対策より狭義の施策となります。

概念は少し異なるものの、ローカルSEOの対策とMEO対策の内容自体はGoogleビジネスプロフィールの活用が中心となるという点でほぼ同一となることから、施策としては同一のものと認識してもあまり差し支えありません。

ローカルSEOで表示順位が決まる要素

ローカル検索結果のランキングが決定される仕組みは、Googleのヘルプページにおいて「距離」「関連性」「視認性の高さ」に分類されています。「距離」においてはユーザーの検索場所次第であるため施策によって改善することはできませんが、「関連性」や「視認性の高さ」は改善の余地があります。

A. 距離

距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

2023年3月時点におけるGoogleビジネスプロフィールヘルプ「Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法」からの抜粋

B. 関連性

関連性とは、検索語句とローカル ビジネス プロフィールが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、プロフィールと検索語句との関連性を高めることができます。

2023年3月時点におけるGoogleビジネスプロフィールヘルプ「Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法」からの抜粋

「関連性」においては、ユーザーの検索語句との一致度が表示順に影響を及ぼすため、ビジネスの名前やカテゴリなどの基本情報だけでなく、できる限りの情報を加えておくことが重要です。例えば、Googleビジネスプロフィールでは店舗におけるWifiの有無や利用可能な決済方法などを追加することができます。

キャッシュレスを好むユーザーが「近くのカフェ Wifi」といったキーワードで検索する場合に、このような情報を正確に記入しておけば来店先の候補として検索結果に表示される可能性が高くなります。

その他にも、バリアフリー設備情報の登録やLGBTQ+フレンドリー店舗として登録することができ、来店可能な店舗が限られるマイノリティに配慮した店舗展開ができればリピーターとして何度も利用してくれる顧客を獲得できるかもしれません。

C. 視認性の高さ

視認性の高さとは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。(中略)たとえば、有名な博物館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。
ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も視認性の高さに影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果のランキングに影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、ランキングが高くなります。(中略)

2023年3月時点におけるGoogleビジネスプロフィールヘルプ「Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法」からの抜粋

「視認性の高さ」はブランドの知名度など対策が難しい要素もありますが、口コミの数や評価など対策次第で表示順位を向上させることができる要素も含まれます。また、この項目においてはGoogleビジネスプロフィール上の情報だけでなく、ウェブサイト上のコンテンツも表示順位の決定に影響を与えるため、ホームページの運用も合わせて施策を行うことで最も効果を発揮します。

ローカルSEO対策【初期設定】

先ほど紹介したローカルSEOにおける「関連性」を上げるためには、ビジネスの情報を正確に入力・管理しておくことが大切です。この項目では、Gooogleビジネスプロフィールにおける初期設定に必要な事項をご紹介します。

1. オーナー権限を取得する

Googleマップ上の自社ロケーションを管理するためには、Googleビジネスプロフィールに登録し「オーナー権限」を取得することが必要です。Googleマップ上から自社情報を見つけ手続きを開始することができ、店舗数が多い場合を除いて権限の取得は数ステップで簡単に完了させることができます。

2. ビジネスプロフィールを編集する

オーナー権限の取得後に自社で管理するビジネスプロフィールは、GoogleマップアプリまたはPCブラウザのどちらからでも見つけることができ直接編集することが可能です。スマートフォン上で運用を完結することができるため、PC操作が苦手な現場スタッフなどでも手軽に利用することができます。

3. ビジネス情報を追加する

オーナー権限の取得が完了したら、まずは基本的な情報から埋めていきましょう。電話番号やウェブサイトのURLを入力することで、ロケーションを訪れたユーザーが詳細確認のためのアクションを取ることができるようになります。電話番号やウェブサイトがタップされた回数はインサイトとして後で確認することができます。

4. 詳細情報を追加する

飲食店をカテゴリとして登録した場合、テイクアウトや決済方法・メニューなど様々な補足情報を追加することができます。バリアフリー設備情報やLGBTQフレンドリーな店舗として登録すれば、マイノリティへの配慮をアピールすることで他社とより差別化できます。

5. 営業時間を設定する

Googleマップで表示される営業時間が異なると、閉店時に顧客が誤って来店する場合もあるため常に最新の状態に保つのが重要です。通常の営業時間だけでなく、休業や営業時間短縮の場合には特別営業時間を設定できます。

またテイクアウトやドライブスルーの営業時間を別途設定することも可能なため、一店舗で複数の業態を運営している場合には専用の営業時間を用意しておくことで顧客フレンドリーをさらに実現することができます。

6. カバー画像を設定する

Googleビジネスプロフィールでは、オーナー提供として店舗の様子を伝えるために画像や動画を追加することができます。特に検索時に一番最初に表示される画像やロゴマークは、ブランディングにおいて重要であり顧客にとって最も目につく場所であるため、運用スタート時から画像の設定を行い自社の魅力を最大限伝えることが大切です。

ローカルSEO対策【日常運用】

口コミへの返信を行う

ローカルSEOで上位表示されるには口コミの数と評価が重要な要素の一つであり、返信を行うことで、口コミの内容をもとに検索語句に対する関連性が上昇するだけでなく、口コミ数増加のきっかけをつくり顧客に対し丁寧な印象を与えることができます。

投稿やチャットを活用する

Googleビジネスプロフィールには、その他にも便利な機能が多数搭載されています。必要以上に工数をかけすぎる必要はありませんが、無理のない範囲で活用できると集客効果の促進が見込めます。最新情報を追加することでお店のお知らせやクーポンなどをGoogleマップ上から配信することができ、チャット機能を活用すれば、マップ上で店舗を見つけたユーザーと直接ライブチャットを開始することができます。

ローカルSEO対策における効果測定の仕方

費用対効果の考え方

Googleビジネスプロフィールはアカウント自体は無料で使えるものの、運用にあたっては担当者の人的コストから費用対効果を試算することが大切です。ただしローカルSEOの対策において短期的ですぐに結果を出すことは難しいため、半年〜12ヶ月程度の期間を設けての計測が最適です。

ビジネスのインサイトを確認する

自社で管理するビジネスがマップ上に表示された回数やインタラクション数は、Googleビジネスプロフィールのインサイトから確認することができます。インタラクションは項目別に、通話数・ルートの検索数・ウェブサイトのクリック数と分けて算出することができます。

また検索に繋がった語句とその表示回数についても閲覧することができます。検索に繋がった語句が自社ビジネスとの関連性が高いほど、ローカルSEOの対策が十分に行えているといえます。

ローカルSEO対策における注意事項

Googleビジネスプロフィールに情報を登録し運用を行う場合には、以下の点に注意することが必要となります。仮にGoogleガイドラインへの違反が重なると、アカウント停止となり集めた口コミが全て水の泡になる可能性もあるので健全な運用を心がけましょう。

ビジネス名に不要な情報を含めない

ビジネス名として表示させる名前は、店舗やロケーションの名前そのままでなければなりません。Googleのガイドラインでは、下記のような項目が禁止事項の例として挙げられています。(以下は違反例が多い事例の抜粋です)

ビジネス名の例
以下の例では、「不可」の欄に示すような名称はすべて許可されません。
・マーケティング目的の見出し:グーグル銀行、日本一便利な銀行
・営業時間の情報:ベストピザ 24時間営業
・電話番号の表記:エアポート ダイレクト 0120-123-1111
・ウェブサイトのURLの表記:webuyanycar.com
・出店先情報:グーグル銀行ATM(グーグルデンキ東京)

2023年3月時点におけるGoogleビジネスプロフィールヘルプ Google に掲載するローカルビジネス情報のガイドライン

金銭の支払いや割引により口コミを集めない

企業が割引、無料の商品やサービスと引き換えに投稿を促したコンテンツの投稿は「虚偽のエンゲージメント」として明確に禁止されています。コンテンツは口コミだけでなく、Googleロケーションへの写真・投稿の追加なども含まれるので注意が必要です。

実体験に基づいていないコンテンツに対しての報酬の提供や、そのようなコンテンツの投稿をほう助する行為もガイドラインによって禁止されています

虚偽のエンゲージメント
Google マップに投稿するコンテンツは、お店や場所での実体験に基づいている必要があります。虚偽のエンゲージメントは許可されないため、削除されます。該当するものは次のとおりです。
・実体験に基づいていないコンテンツの投稿に対して報酬を支払ったり、そのような投稿をするよう促す行為。
・否定的なクチコミの投稿を妨げたり禁止したりする行為。肯定的なクチコミを顧客から募ったりする行為。
・実体験に基づいておらず、対象の場所や商品を正確に表現していないコンテンツ。
・企業が割引、無料の商品やサービスと引き換えに投稿を促したコンテンツ。(中略)

2023年3月時点におけるGoogleローカルガイドヘルプ 禁止および制限されているコンテンツ

ローカルSEO対策におけるトラブル防止対策

投稿確認フローを策定する

Googleビジネスプロフィールを複数人で運用する場合には、口コミへの返信や投稿を行う場合に、事前に確認のフローを設定しておくことでトラブル時の責任の所在を明確化することができます。返信やチャットを行う場合には、言葉遣いやフォーマット化などのガイドラインを作成しておくのがおすすめです。

営業時間の変更に注意する

またGoogleビジネスプロフィールの運用において最もトラブルになりやすいのは、店舗の営業時間がGoogleマップ上と異なっていた場合です。お店が空いていることを期待して訪れた顧客にとっては、裏切られた気持ちと時間を無駄にした気持ちが大きく残り、低評価の口コミ記入へと繋がってしまうケースが多々見られます。

表示順位の改善だけでなくトラブルを未然に防ぐ意味をこめても、営業時間の設定・管理は重要な意味をもつといえます。

複数の拠点を管理する場合に便利なツール

Googleビジネスプロフィールマネージャー

複数のGoogleビジネスプロフィールを管理する場合は、ビジネスプロフィールマネージャーを活用することで、拠点ごとにグループを作成したり、インサイト情報を一括でダウンロードしたりすることができるため非常に便利です。別途アカウント作成などは必要なく、オーナー権限を取得したGoogleアカウントを使ってログインすれば、取得した自社のロケーションを一覧で管理することができます。

EmbedSocial エンベッドソーシャル

さらに口コミ管理ツールEmbedSocial(エンベッドソーシャル)を使えば、取得した口コミ情報をエクセルで一括ダウンロードしたり、管理画面上からGoogleの口コミに対し直接返信することなどが可能です。

特に口コミに対する返信においては、Chat GPTと連携したAI機能において人間が作成する文章と遜色ない内容をAIの力で自動生成することができます。今まで人の手で行っていた口コミに対する返信作成作業を自動化し、業務コスト削減に貢献します。

またEmbedSocial(エンベッドソーシャル)の一番の特徴は、Googleビジネスプロフィールから取得した投稿をウェブサイトに埋め込むことができる点です。WEB上の信頼性の高い口コミとしてコンバージョン効果を上げることが期待でき、新規口コミは自動で取得されるため常に最新の状態を保つことが可能です。

柔軟な価格と豊富な機能が人気な『EmbedSocial』は、2023年4月現在において一週間の無料トライアルやWEB会議でのサービス案内などを実施いたしております。ご興味をもたれた方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

embedsocial

SNS投稿埋め込みツール
- エンベッドソーシャル -

簡単な操作でSNSの投稿をWEBサイトに埋め込み。キャンペーンや口コミ・更新のいらないメディアとして活用できます。

お問い合わせ

WEB制作 × SNS連携なら
7日間システムを
無料でお試し!

ご導入完了までのご質問やご相談なども
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

導入に関するご不明点を
専門スタッフが解決します。

相談する
お見積り

ご導入内容に合わせた最適な
プランを選択できます。

料金表を見る
使い方講座

製品の使い方を解説する
ウェビナーを開催しています。

参加する