今回は最近のアップデートの中から、いくつかの新しい機能をご紹介します。
インスタグラムやフェイスブックから集めた投稿のアナリティクス機能や並べ替え機能が強化されました。
*当機能はPremiumユーザー、Enterpriseユーザー向けの機能となります。


注目のアップデート1 アナリティクス機能の強化

EmbedSocial【フィード】で集められたウェブサイトに埋め込まれたインスタグラムやフェイスブックの投稿へのクリック数や、各投稿の「いいね!」の数を編集画面で確認していただけるようになりました。

編集画面でモデレーションタブを選択していただくと、集めた投稿が一覧できますが、こちらにいいね数(Likes)とEmbedSocialで作成されたウィジェット上でのクリック数(Clicks)の列が追加されています。

また、「report」タブからは、合計クリック数の時系列推移や、それぞれの投稿のインサイトを確認することができます。

EmbedSocialを通じてウェブサイトに埋め込んだ投稿への合計クリック数、各クリック箇所ごとの数(ポップアップ上、Followボタン、ソースアイコン、CTAボタン、)が表示されます。

さらに、いいね!の数やクリック数で投稿を並べ替えることもできるようになりました。

注目のアップデート2 投稿メディアの並べ替えオプション追加

これまでEmbedSocial【レビュー】や【フィード】を使って収集しした投稿やクチコミは、時間軸かランダムのいずれかの並べ方しか選べませんでしたが、今回のアップデートで、皆様のお好みの順番で並び替えることができるようになりました。
追加された並べ替えオプションは以下の通りです。

  • ピン(Pin feed):PIN(ピン)を使って特定の投稿やクチコミの上位に固定表示させることができます。
  • 表示順(Priority):優先表示順位(1~20)をつけて並べ替えることができます。複数の投稿に同じ順位をつけることもできます。

これらのオプションによりに、ウェブサイトに埋め込んだ時の全体的なデザインを意識して投稿の並び順を変える、あるいは、見てほしい投稿やクチコミを常に目に入りやすい位置に表示させる、といったことが可能になります。

その他

以上のほかにも、【レビュー】では、クチコミデータの一覧を出力できるレポート機能で店舗ごとの出力ができるようになりました。また、クチコミで集まった星の数の平均をバッジとして表示させる機能で、これまで色や文字ぞろえが固定だったカスタムバッジのデザインをお好みのものに変更できるようになっています。
【フィード】では、インスタグラムのトップ投稿からの収集上限数が引き上げられるなどのアップデートもありました。


今回のアップデートにより、アナリティクスのデータをもとに、あるいは、デザイン性の視点からメディアの表示順を変えることができるようになり、より訴求効果の高いUGCを作り上げるお手伝いができるのではと考えています。

今後も皆様の日々のクリエイティブワークをサポートするため、機能のアップデートが続きます。ご期待ください。

アップデートの詳細や製品についてのお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

Send a Message