2020-05-01

最近のアップデートから ver.1.24.0 to ver.1.28.0

SNS活用マーケティングツールのEmbedSocial(エンベッドソーシャル)は日々進化を続けています。今回は最近の注目アップデートをまとめてご紹介します。

目次

  1. プラットフォームの日本語化拡大
  2. Vimeoからの投稿収集が可能に
  3. 動画ファイルのストーリーへのアップロード
  4. 各種設定バーのデザイン刷新
  5. ウェッピー形式の画像利用可能に
  6. 除外キーワードによる投稿フィルタリング
  7. 除外キーワードによる投稿フィルタリング

注目のアップデート1:プラットフォームの日本語化拡大

EmbedSocialでは、世界中のユーザーの皆様に、使い慣れた言葉でプラットフォームをお使いいただくことを目指しており、その最初のローカライズの試みが日本語バージョンです。

昨年より少しずつ日本語率を上げてまいりましたが、現時点でユーザーの皆様にはほぼすべての機能を日本語でご利用いただけます。

様々な海外製のソフトウェアやプラットフォームが日本に上陸していますが、日本語が分かりづらいことが多いという経験から、当社のローカライズでは、「日本語ネイティブの皆様に伝わる」表現重視で作業を進めてきました。英語から日本語にする際に直訳だと意味が通じづらい表現は、伝わりやすい言葉に置き換えたり、表現を大幅に変えたりしています。

とはいえ、まだまだ改善の余地があると認識しております。日本ユーザーの皆様からのフィードバックをいただきながら今後も改善を続けてまいります。わかりづらい点などお気づきの点があれば、ぜひご意見をお寄せください。

注目のアップデート2:Vimeoからの投稿収集が可能に

EmbedSocial【フィード】ではこれまで、Instagram、Facebook、TwitterといったSNSと、動画共有サイトであるYoutubeの動画投稿を収集することは可能でしたが、これに加えてクリエイターに人気の動画共有サイトVimeoの動画投稿も収集することが可能になりました!

これにより、皆さんのウェブサイトに、YoutubeとVimeoの動画を集めて一度に紹介することなどが可能になります。例えばこんな感じです。ぜひお試しを。

注目のアップデート3:動画をアップロードしてオリジナルストーリーを作成

多くのユーザーの皆様からご要望が多かった、EmbedSocial【ストーリー】への動画ファイルのアップロードが可能になりました。これによりお手持ちの動画を、インスタグラムなどへ投稿しなくても、ストーリー風コンテンツとしてウェブサイト上に表示することが出来ます。

設定はEmbedSocial【ストーリー】のホーム画面で「ストーリー」を選択後、「ストーリーをアップロード」をクリックして動画をアップロードしてください。

表示する際には、以下のようにインスタグラムのハイライト風デザインや(クリックするとストーリーが見られます)、スライダーデザインなどでも表示できます。

注目のアップデート4:各種設定バーのデザイン刷新

様々な設定機能が増えてきて見づらくなっていた編集画面右側の設定バーのデザインを刷新しました。設定機能をグループ分けして、プルダウンで表示することで、以前よりもすっきりして、必要な機能が見つけやすくなっています。

注目のアップデート5:.webP(ウェッピー)画像の利用可能に

EmbedSocial【フィード】や【ストーリー】では各種SNSから画像を収集する方法とは別に、直接EmbedSocialで写真や動画を取り込み、SNSの投稿と同じ様にウェブサイト上で表示することができます。これまで静止画のアップロードは、jpeg/png/pngだけでしたが、今回、Googleが開発した静止画のフォーマット.webP(ウェッピー)画像もアップロード可能になりました。

EmbedSocialではウェブサイトの表示速度改善のための様々な対策を今後も続けていきます。

注目のアップデート6:除外キーワードによる投稿フィルタリング

EmbedSocial【フィード】では、#ハッシュタグを使って簡単に多くの投稿を集めることが出来ます。これまで収集する投稿の絞り込みには、複数のハッシュタグを組み合わせたり、ウィジェット上で非表示にするなどして対応ができましたが、今回、除外キーワードが設定できるようになりました。

設定方法は、各ウィジェットの編集画面右側の設定バーの「キーワードで絞り込む」欄に、除外したいキーワードを-(マイナス)記号を付けて入力してください。マイナス記号が付いたハッシュタグを含む投稿が収集されなくなります。

注目のアップデート7:複数のソースから口コミデータを一括出力

EmbedSocial【レビュー】では、様々なソース(情報源)から口コミ投稿を集めることが出来ます。これらの口コミを分析する際に役立つのがレポート出力機能です。選択したソースのデータをエクセル形式などで出力していただけます。レポートには評価コメント、星の数、評価者の名前、ソース、投稿日などが含まれています。

これまで1つ1つのソースごとにレポートを出力いただいていましたが、今回複数のソースをまとめて一つのレポートとして出力できるようになりました。

いかがでしたでしょうか。

2020年度はこれからも魅力的な機能のリリースがいくつか計画されていますので、ぜひお楽しみに!

関連記事

3月 30, 2020

2020年度インスタグラム注目のトピック…

今回は2020年度インスタグラムに関する注目のトピックと、2019年度に発表されたインスタグラムの新…

3月 09, 2020

口コミと投稿がカギ!Googleマイビジ…

Googleでユーザーが店舗や場所を検索すると表示される「ローカル検索結果」。この表示順位を改善する…

2月 12, 2020

2020年 旧Instagram API…

2020年6月29日、インスタグラムの旧APIが廃止されます。6月30日以降、新しいAPI(Inst…

11月 11, 2019

最近のアップデートから ver.1.9.…

今回は最近のアップデートの中から、いくつかの新しい機能をご紹介します。 インスタグラムやフェイスブッ…