2020-10-29
share-your-voice

インスタグラムのストーリーで簡単に口コミマーケティングを始める方法

インスタグラムを使って集客したい、商品やサービスを広めたい、と思っている皆さん。インスタグラムを使ったマーケティングにはいろいろな方法がありますが、無料&インスタ上で完結する、”ストーリーを使った口コミマーケティング”を試してみませんか?

目次

  1. 無料&インスタ上で完結 インスタグラムストーリーを利用した口コミマーケティングなら今すぐ始められる
  2. ステップ1.お客様にストーリーにメンション投稿してもらう
  3. ステップ2.自分のインスタグラムストーリーにお客様の投稿を取り込む
  4. ステップ3.ハイライトにまとめてプロフィール画面に表示する
  5. ウェブサイトにストーリーを埋め込めばインスタユーザー以外にも届けることができる
  6. インスタグラムはマーケティングツールとして考えよう

無料&インスタ上で完結 インスタグラムストーリーを利用した口コミマーケティングなら今すぐ始められる

マーケティングと言うと難しく考えてしまうかもしれませんが、簡単に言えば、「狙ったお客様に皆さんのお店や商品を利用してもらうための仕組み作り」のことです。インスタグラムを使ったマーケティング手法としては、ハッシュタグキャンペーンや広告の利用、インフルエンサーの活用が代表的です。しかしこれらの手法には予算が必要だったり、キャンペーン運営のノウハウなどが必要で、今すぐに始めるには少しハードルがあります。

そこでおススメなのが、ストーリーズを使った口コミマーケティングです。これは、お客様に投稿してもらったメンション付きのインスタグラムのストーリーを、自分のアカウントで表示し、さらにそれをハイライトを使ってインスタグラムのホーム画面に表示させる方法です。この方法なら、インスタグラムのアカウント一つで、話題の”口コミマーケティング”を、すぐに始められます。

こちらも読む:【徹底解説】口コミを武器に!口コミの広げ方と口コミマーケティングのやり方

それではさっそくやり方を見ていきましょう。ステップは3つだけです。

ステップ1.お客様にストーリーズにメンション投稿してもらう

実際のお客様に口コミを依頼しましょう

お友達にお願いもできますが、口コミがヤラセだと思われてしまうと簡単に人々の心は離れてしまいます。そのため基本的には実際にお店や商品を利用したお客様から、口コミを集めるようにしましょう。

また、お店や商品の写真付きで投稿してもらうと、実際に使用/利用した際の様子が分かりやすいため口コミとしてより効果的になります。

お願いの方法はメールでも、インスタグラムや他のSNSでの投稿でも、店舗にポスターを貼る方法でも、どんな方法でもよいでしょう。

メンション付きの投稿をお願いしましょう

お客様にお願いするときには、必ず「メンション付きの投稿」をお願いしましょう。メンション付きとは、@皆さんのアカウント名 をストーリーに貼り付けることです。これを忘れてしまうと皆さんに通知がいかずせっかくの口コミを集め損ねてしまいますので、しっかりお願いしましょう(以下に詳細説明あります)。

ストーリーズの利用を事前に告知し了承を得ましょう

お客様に投稿していただいたストーリーは、皆さんのインスタグラムアカウント上で共有することを先に告知して、了承していただける場合のみ投稿してもらう形をとったほうが良いでしょう。勝手に投稿を使われた、といったトラブルを避けるためです。

特典を提供して口コミを集める場合は公表しておきましょう

口コミを投稿してもらうために何か特典を付ける場合は、そのことを他の人にも分かるように公表しておきましょう。インスタグラムのプロフィール欄や、口コミ募集の告知の中で、「口コミを投稿した方には〇〇をサービスします」と書いておきます。口コミ投稿者の中に純粋におススメしたいという人だけでなく、「特典目的」の人がいるということを、分かるようにしておくのです。

口コミの集め方はヤラセや違法な方法を除けば、どんな方法でもよいのですが、口コミを見る人に「どうやって口コミを集めたか」を分かるようにしておくことが、口コミマーケティングではとても重要です。

ストーリーに詳しくないお客様には手順を紹介しましょう

ストーリーの投稿に詳しくないお客様には以下の様に、丁寧に手順を紹介しましょう。
まず、インスタグラムのストーリーの入力画面に進みスタンプ一覧から「メンション」を選択します。

instagram-stories-mention-stamp

画面に「@メンション」と出てくるので、@のあとに、皆さんのアカウント名を入力してもらいます。入力した内容に合わせてアカウント候補が画面下に出てくるのでタップして選択します。

続いて、画面のどこでもよいのでタップします。カーソル(ピコピコと動く縦の線)が出てくるので、口コミを入力します。ここで先ほどのスタンプ一覧の中から写真アルバムを呼び出すアイコンを選ぶと、お店や商品を利用したときの写真などを貼り付けることもできます。

最後に画面左下の「ストーリーズ」をタップして投稿します。お客様のインスタグラムのアカウントに投稿されます(24時間で消えます)。

instagram-post-stories

お客様へのお願いはここまでです。

ステップ2.自分のインスタグラムストーリーにお客様の投稿を取り込む

次に、投稿してもらったストーリーを皆さんのインスタグラムアカウントに取り込みます。

お客様からメンション付きで投稿してもらうと自分のアカウントに通知が来ます。ホーム画面右上の紙飛行機か、画面下のハートマーク、どちらからでもよいのでタップして内容を確認しましょう。

どちらの方法でも「ストーリーズに追加」をタップすると、皆さんのアカウントのストーリーに口コミが追加されます。

Instagram-pull-mentioned-stories

ステップ3.ハイライトにまとめてプロフィール画面に表示する

最後にストーリーを、ハイライトにまとめます。取り込んだストーリーの右下にある「ハイライト」をタップします。

「ハイライトに追加」というポップアップが下から出てきますので、初回の場合(口コミ収集用のハイライトがない場合)は「新規」をタップします。続いてハイライトに「口コミ」等名前を付けて「追加」をタップします。

instagram-highlight

プロフィール画面に「口コミ」ハイライトが追加され、ここをタップすると皆さんが取り込んだお客様の口コミを見ることが出来るようになりました。ハイライトにまとめることで、投稿から24時間経過しても、誰でも口コミストーリーを見ることが可能になります。

インスタグラムストーリーを使った口コミマーケティング、設定は以上です!ぜひお試しください。

ウェブサイトにストーリーを埋め込めばインスタユーザー以外にも届けることができる

ところでせっかく集めた口コミストーリーを、皆さんのホームページやブログにも掲載出来たら、インスタグラムをやっていない人々にも口コミを見てもらうことができるので、もっと宣伝効果を期待できますよね。

しかしインスタグラムの通常の投稿は公式機能を使ってウェブサイトやブログに簡単に埋め込むことが出来ますが、ストーリーにはこの機能がついていないので、直接埋め込むことが出来ません。通常の投稿として保存しなおせば出来ますが、ストーリーと通常投稿の画面の形が違うため、少し手直しが必要です。

こちらも読む:インスタグラムをブログやウェブサイトへ埋め込む方法と埋め込みインスタ活用術

一方、インスタグラムが公開しているAPIを使うことでストーリーをそのまま埋め込めますがが、エンジニアの皆さん以外にはハードルが高めです。

それでもストーリーで集めた口コミを、簡単に自分でホームページにも表示したい!と思った皆さんは、インスタグラムのストーリー埋め込みをサポートしてくれるアプリやツールを探してみましょう。もし探すのも面倒、ということでしたら、当社製品の「エンベッドソーシャル」をご検討ください。API操作&コード不要で、ストーリーを簡単にウェブサイトに埋め込むことができる、ユニークなツールです。

「エンベッドソーシャル」はインスタグラムストーリーの収集・管理・保存・埋め込みが可能

実際にストーリーを埋め込んでみました。このほかにもポップアップや、スライダーなど様々なデザインでストーリーを表示できます。新しく追加されたストーリーも自動で更新されていきます。詳しい使い方にご興味があれば、こちらをご覧下さい。

初期費用なし月額6500円で使えて、インスタグラムストーリーだけではなく、Googleの口コミ、Facebook、Twitterなど、様々な形で投稿されているSNS口コミを集めてウェブサイト上で表示する機能もあります。無料トライアルもありますので、お気軽にお問い合わせください!

インスタグラムはマーケティングツールとして考えよう

「インスタ映え」という言葉がブームになったために、インスタグラムに対して”おしゃれライフ投稿アプリ”のようなイメージを持っている方も多いかもしれません。しかしここ数年インスタグラムは広告、ショッピング機能などが次々と追加され、ビジネス向けのマーケティングプラットフォームとして進化しています。
インスタグラムを利用したマーケティングにはいくつかの方法があります。代表的な例が以下の3つです。

広告の利用

インスタグラムに広告を投稿してインスタグラムユーザーの目を引きます。インスタグラムの広告は普通の投稿と同じように表示されるので、ユーザーに違和感なく自然な形で広告を届けることが出来ます。

インフルエンサーの活用

皆さんのお店や商品をよく買ってくれる人々(ターゲット層)に影響のある有名人や一般人に、お店や商品を紹介してもらうやり方です。最近は一般人でもインスタグラムのフォロワー〇万人というユーザーも多く、こういった人々をインフルエンサーと呼びますが、その影響力は無視できません。インスタグラムもインフルエンサーを使ったマーケティングのための様々な仕組みを用意しています。

ハッシュタグキャンペーン

ハッシュタグを使って皆さんのお店や商品に関連する投稿をアップしてもらい、それらを集めてウェブサイトなどで表示するやり方です。一般の人からの投稿を集める、という点では今回ご紹介したストーリーを使った口コミ収集もハッシュタグキャンペーンの一種と言えるかもしれません。

参考(インスタグラム公式ページへリンクします):Instagram for Businessスタートガイド


hero-image-we-like-you

比較的若い一般の消費者を相手にしたビジネスや商売をしている皆さんには、インスタグラムは無視できないマーケティングプラットフォームになっています。今回の様に口コミを集めるだけでなく、ハッシュタグキャンペーンや広告など、皆さんに合ったインスタグラム活用方法をぜひ見つけてみてください。

関連記事

11月 30, 2020

【新機能】商品画像へのタグ付け機能が新登…

2020年12月のアップデートにより、EmbedSocialウィジェットに表示させる画像に商品をタグ…

11月 24, 2020

Youtubeハッシュタグでの動画収集が…

SNS埋め込みツール「EmbedSocial」では、Youtubeの動画をチャンネルごとやプレイリス…

11月 18, 2020

【ストーリー機能】ウィジェットのレイアウ…

2020年11月のアップデートにより、InstagramストーリーをWEBサイトに埋め込む際にご活用…

11月 09, 2020

WEBサイトに埋め込める 予約サイト等の…

一部の予約サイトや口コミサイトでは埋め込みの機能を公式に提供しており、自社サイトでの集客にもお客様の…