2020-06-22
Featured image social media aggregator

Twitterの各パーツをブログやウェブサイトに埋め込む方法 

ツイッターを利用する魅力の一つは情報拡散力ですが、この拡散力を加速させるために取り組みたいのが、ツイッターとブログやウェブサイトの連携です。

今回はこの連携の最初の一歩となる、ツイッターの各パーツ(ツイートやシェアボタン)のブログやウェブサイトへの埋め込み方を解説します。

目次

  1. ツイッターで埋め込めるパーツ
  2. ツイート単体を埋め込む方法
  3. ツイートボタンを埋め込む方法
  4. タイムラインを埋め込む方法
  5. ツールを使ってたくさんのツイートを埋め込む方法
  6. まとめ ツイッターとブログやウェブサイトの連携効果

ツイッターで埋め込めるパーツ

ツイッターは3つのパーツ、ツイート単体、ツイートボタン、タイムライン全体、をブログやウェブサイトに埋め込むことが出来ます。ツイート単体とは一つ一つの投稿のこと、ツイートボタンとはクリックしたりタップしたりするとツイートしたりフォローしたりできる小さなボタンのこと、タイムラインとは各アカウントが投稿したツイートが一覧できるパーツのことです。

埋め込みたいツイッターパーツの量によって方法を選択する

各パーツを埋め込むには、ツイッター公式の機能を使う方法と、外部のツイッター埋め込みツールを使う方法があります。埋め込みたいツイート数が少ない場合は公式機能を、たくさんのツイートを埋め込みたい場合は、作業性やデザイン性に優れる外部のツールを使うことをお勧めします。
以下では、公式機能を使った各パーツを一つずつ埋め込む方法と、外部ツールを使ったたくさんのツイート埋め込み例を紹介します。

ツイート単体を埋め込む方法

埋め込みたいツイートのコードを取得して、それをブログやウェブサイトに貼り付ける方法です。一つ一つコードを取得して貼り付ける方法なので、埋め込みたいツイートが少なく、また表示デザインも定型のものでよい、という場合に向いています。

以下のやり方で簡単に埋め込めます。

埋め込み用コードを取得する

最初のステップは方法が2つありますので、どちらかお好みの方法を選んでください。

ツイートから埋め込み作業を始める場合

埋め込みたいツイートの右上にあるプルダウンマークをクリックして、「ツイートを埋め込む」をクリックします。(この作業をする場合は、パソコンでツイッターを開いてください。スマートフォンには対応していません。)

Embed-Tweet-pull-down-menu

ツイッター公式の埋め込み専用ページ埋め込み作業を始める場合

Twitter Publishという埋め込み用のツイッター公式ページを開き、少し下にスクロールして画面下の「Embeded Tweet」(エンベッドツイート:ツイートの埋め込み)オプションをクリックします。

Choose-Embeded-Tweet-option

必要に応じてカスタマイズ設定

画面が切り替わると、埋め込み用のコードが表示された画面になります。埋め込むツイートの大きさや色を変えるなどカスタマイズしたい場合は、青字の【set customize options(カスタマイズ設定のオプション)】をクリックします。カスタマイズ設定できるのは以下の項目です。

関連記事

10月 20, 2020

Googleマイビジネス(GMB)に登録…

Googleを使って今いる場所の近くでお店や施設を検索すると、検索結果の上のほうに写真や星評価付きで…

10月 16, 2020

WEBサイトでストーリーが作れる『AMP…

AMPはWEBサイトをスマホ端末でより高速に表示させることができる技術として知られていますが、サイト…

10月 14, 2020

【フィード機能】ウィジェットのレイアウト…

2020年10月のアップデートにより、Instagram・Twitterなどソーシャルメディア投稿の…

10月 08, 2020

EmbedSocialで使えるカスタムC…

EmbedSocialのウィジェットは、管理画面から設定を変更することができるのに加えて、カスタムC…