最終更新日 2023/01/31 投稿日 2022/12/07

成功するInstagramキャンペーンの特徴とは?効果的に実施する方法も解説

Instagramを使った集客では多くの企業が工夫を凝らしています。中でもInstagramキャンペーンは気軽に実施できるため多くの企業が取り組んでいます、思うような成果が出なかったケースも多いのが実情なようです。そこで今回の記事では、弊社の事例など紹介しながら、Instagramキャンペーンの成功事例や成功のポイントなどをまとめました。Twitterキャンペーンについての記事もありますので、ぜひ合わせてご覧ください。

参考:Twitterキャンペーンのメリットとは?特徴や事例もまとめて紹介

目次

  1. Instagramキャンペーンは目的次第で2種類を使い分ける
  2. 【必見】Instagramキャンペーンの成功事例3選
  3. 【これだけは押さえよう】Instagramキャンペーンを成功させるポイント3選
  4. Instagramと自社ブランドサイトを連携させて、効果を高める

Instagramキャンペーンは目的次第で2種類を使い分ける

Instagramキャンペーンは、大きく以下の2種類に分けられます。

  •  フォロー&いいねorコメントが条件
  •  フォロー&ハッシュタグorメンションが条件

Instagramキャンペーンは種類によって期待できる効果が異なります。キャンペーンの目的に合わせ、適切なキャンペーンを企画しましょう。

フォロー&いいね or コメントが条件

「フォロー&いいねorコメント」を条件にしたInstagramキャンペーンは、アカウントの成長・フォロワー確保をおもな目的とする場合に有効です。ユーザーの行動ハードルをかなり低くできますが、キャンペーン目当てのターゲットとは関係ないフォロワーが増える可能性もあるので注意しましょう。いいねやコメントを条件にすると、Instagramアカウントのエンゲージメント(反応)が高まります。その結果、アルゴリズムで優遇されやすくなり、アカウントの投稿に対するリーチやインプレッションが伸びる効果も期待できます。

『新規フォロワーの獲得』や『投稿に対するエンゲージメントを高める』を定期的に行いたい場合は、「フォロー&いいねorコメント」を条件にキャンペーンを実施しましょう。

フォロー&ハッシュタグorメンションが条件

「フォロー&ハッシュタグorメンション」を条件にしたInstagramキャンペーンは、新商品などのPRや売上アップをおもな目的とする場合に有効です。投稿を促すと、いいねやコメントに比べてユーザーの行動ハードルが高くなるものの、リアルな投稿を獲得できます。

Instagramキャンペーンをきっかけに、「UGC(User Generated Content)」と呼ばれるユーザーが独自で作成したコンテンツがたくさん投稿されることで、アカウントや商品・サービスの信頼性や認知度向上につながります。このようなユーザーの投稿を自社サイトに埋め込むことで、投稿を口コミ代わりに有効活用・二次利用できるのも大きなメリットです。

【必見】Instagramキャンペーンの成功事例3選

ここでは、Instagramキャンペーンの事例を3つ紹介します。いずれの事例も弊社サービスをご活用いただいたもので、工夫を凝らした魅力的なキャンペーンを実施されています。

  •  CASIO様
  •  丸亀製麺様
  •  オンワード樫山様

①CASIO様:電子楽器『CT-S100V』発売記念キャンペーン

https://embedsocial.jp/blog/case-studies/casio_ct-s1000v/

CASIO様の電子楽器『CT-S1000V』の発売を記念し、複数のSNSを使ったキャンペーンを実施されています。動画コンテンツ制作を依頼するというキャンペーンの特性上、YouTubeやTikTokといった動画配信プラットフォームも活用しています。

EmbedSocialは、Instagram以外にもYoutubeやTwitter、Tiktokの埋め込みが可能なため、複数SNSから横断して投稿を収集する本キャンペーンにご導入いただきました。

実施期間
2022年9月16日~2023年1月16日
参加条件
1. CT-S1000VのVocal Synthesis機能を駆使したオリジナル楽曲を含む動画を作成
2. 作成した動画を各種SNSのいずれかへ投稿
3. キャンペーンページのエントリーフォームからエントリー
インセンティブ
優勝賞金10万円。公認プレイヤーとして製品デモンストレーションへの参加
使用しているSNS
Instagram, Twitter, Youtube, Tiktok

②丸亀製麺様:「食いっプリ!グランプリ!」キャンペーン


https://embedsocial.jp/blog/case-studies/marugame-seimen_2021/

丸亀製麺様は、『食いっプリ!グランプリ!』と題する、動画投稿キャンペーンを実施されました。各SNSで投稿された動画は、キャンペーン特設サイトの「みんなの投稿動画」として多数掲載されています。キャンペーンの報酬・商品も、他社のキャンペーンにはない独自性があるため、キャンペーンの設計を考える際の参考になります。

実施期間
2021年2月4日〜3月12日
参加条件
Twitter・Instagram・Tiktokのオフィシャルアカウントをフォローし「#食いっプリグランプリ」をつけてSNSでシェアをすること。
インセンティブ
丸亀製麺 新CM出演権
丸亀製麺1日社長になれる権利
特注釜揚げうどん桶
食いっぷり肖像画
食いっぷりアクリルスタンド
総額5,000円引きクーポンX30名様
使用しているSNS
Instagram, Twitter, TikTok

③オンワード樫山様:子供服新ライン「kekeke」発表キャンペーン

https://crosset.onward.co.jp/feature/kekeke/campaign/0707/

オンワード樫山様は、子供服の新ライン『kekeke』のデビューを記念したハッシュタグキャンペーンを、Instagramで実施されました。着用する服とシーンを指定することにより、ブランド観を崩すことなく、新ラインの認知向上を図ることに成功しています。

実施期間
2021年7月17日~2021年8月28日
参加条件
1. kekeke公式アカウント(@kekeke.official)をフォロー
2. 応募規約に同意のうえ、GOOD MORNING SERIES(当社商品)を着用している作品画像を「#kekeke」「#kekeke朝顔キャンペーン」を付けて投稿。
3. シーンは必ずごはんを食べているところ。
4. 投稿の際、「写真のタイトル」「ニックネーム」を記載すること。
インセンティブ
『GOOD MORNING賞』オンワード・マルシェ ギフトカタログ、『スマイル賞』Kanduペアチケット(3組6名様)、『メモリアル賞』写真パネル(5名)
使用しているSNS
Instagram

【これだけは押さえよう】Instagramキャンペーンを成功させるポイント3選

Instagramキャンペーンを成功させるには、以下の3つを意識するとよいとされています。

1)キャンペーンの当選商品を複数種類用意

キャンペーンの当選商品にバリエーションがあると、興味を持つユーザーは必然的に増えます。リーチするユーザーが増えることで、Instagramキャンペーンの成功確率を上げることができます。

2)キャンペーンの参加ハードルは低くする

Instagramキャンペーンを通してより多くのフォロワーを獲得したいなら、参加ハードルは可能な限り低くしましょう。下記のような二段構えのキャンペーン設計もおすすめです。

1:フォローするだけで参加できる
2:フォロー+ハッシュタグなどをつけて投稿すると参加できる

オリジナルハッシュタグをつけたキャンペーンはフォロワー獲得には不向きですが、投稿がバズることで結果的にキャンペーンが拡散される可能性もあります。また、不正アカウントによる参加を抑制できるというメリットもあります。

3)複数のSNSから参加可能にする

メインで利用するSNSは人によって異なるので、複数SNSでキャンペーンに参加できる設計も重要です。

複数SNSからキャンペーンに参加可能なら、その分参加者の間口も広がります。また、Instagram以外のSNSにおいて商品やサービスの投稿がされるため、より効率的な認知拡大やブランディングにつながりやすいというメリットもあります。

Instagramキャンペーンの始め方とポイント

Instagramキャンペーンの始め方とポイントをおさらいしておきましょう。

1)Instagramキャンペーンの目的を決めて内容を検討する

まずはキャンペーンの目的やターゲットなどの企画について大枠を決定します。

  •  キャンペーンの目的
  •  メインターゲットの設定|母数の推定
  •  参加条件|参加のメリット
  •  キャンペーンの期間・予算・インセンティブ設計

2)結果を確認してPDCAを回す

Instagramキャンペーンの企画が固まったら、実際にキャンペーンの周知・投稿を行い、終了後にしっかりデータを確認します。よくある応募が集まらないケースには下記のような場合がありますが、いくつかの仮設を立てて振り返りを行います。

  •  キャンペーンの参加条件が難しすぎる
  •  キャンペーンに参加するメリットが弱い
  •  オリジナルハッシュタグが複雑で設定が難しい

上記のような仮説をもって次回キャンペーンの企画を立案して、改善を繰り返しながらキャンペーンを成功させましょう。一回で成功させることは難しいようですが、継続的に実施することで成功するときの傾向も見えてきます

Instagramと自社ブランドサイトを連携させて、効果を高める

自社サイトは自然検索で流入するユーザーも多く、Instagramでリーチできるユーザーとは異なる場合があります。そのため、Instagramキャンペーンで獲得できた投稿は、自社ブランドサイトに反映させることでキャンペーンの効果を高めることができます。自社サイトにアクセスしたユーザーに対してキャンペーンで獲得できた投稿を届けると、一種の口コミ(お客様の声)として、新商品やサービスに対する認知度向上や購買のきっかけにもなります。

SNSの投稿をWebサイトに埋め込む方法は複数ありますので、下記の記事でご紹介しています。Embedsocialなら、ハッシュタグを設定するだけで簡単に投稿を収集して、ウィジェット形式でサイト埋め込みが可能です。

参考:WordPressウェブサイトにインスタグラムを埋め込む方法まとめ

EmbedSocialならInstagram投稿を簡単に収集・掲載できる

今回はInstagramキャンペーンについてご紹介いたしました。Instagramをはじめとして、SNSの投稿収集や掲載が必要な際にはぜひ一度EmbedSocialまでお問い合わせくださいませ!現在『EmbedSocial』では、7日間の無料トライアルやWEB会議でのご案内を実施しております。

embedsocial

SNS投稿埋め込みツール
- エンベッドソーシャル -

簡単な操作でSNSの投稿をWEBサイトに埋め込み。キャンペーンや口コミ・更新のいらないメディアとして活用できます。

お問い合わせ

関連記事

11月 09, 2021

【2023年2月更新】最新ハッシュタグキ…

全世界15万ユーザー 全国400社以上の導入実績のハッシュタグキャンペーンツール Embedsoci...

7月 16, 2021

オンラインイベントを盛り上げるSNS活用…

リアルなイベントが開催できない状況下でも実施しやすいオンラインイベントですが、参加者とのコミュニケー...

6月 03, 2021

Web制作でSNS投稿をサイトに埋め込み…

最近は企業やお店の規模にかかわらず、ウェブサイトとSNSのアカウント両方を運用している事業者が多くな...