2020-07-29

【初期費用なし・月額6,500円〜】ハッシュタグキャンペーンツール

EmbedSocialのフィード機能を活用すると、InstagramやTwitterからハッシュタグを起点としてユーザーの投稿を集めることができるため、ハッシュタグキャンペーンツールとしてご利用いただくことができます。ハッシュタグキャンペーンを目的として使用する際に、EmbedSocialを使ってできることをご紹介させていただきます。

目次

  1. InstagramやTwitterから投稿を収集して表示
  2. EmbedSocialでできること:並び替え、表示ON/OFF、デザイン変更など
  3. 導入事例・料金

InstagramやTwitterから投稿を収集して表示

ハッシュタグを設定して投稿を収集

Instagram・Twitterのハッシュタグを指定して、一般ユーザーの投稿を収集することができます。

システムにアカウントの接続後、投稿の収集を希望するSNS・ハッシュタグ名を選択するだけで表示用のウィジェットを簡単に作成することができ、自動的に生成された埋め込み用のコードをサイトに貼り付けることでWEBサイト上で表示させることができます。

後から設定の変更などを行った場合にも、コードの再埋め込みは必要ありません。

メンションを起点として投稿を収集して表示

Instagram・Twitterのハッシュタグだけでなく、メンションからも投稿を収集することができます。ハッシュタグでの収集時と同様に、該当のメンション名を選択するだけで簡単に表示用のウィジェットを作成することが可能です。

収集した投稿を組み合わせて表示

Instagramハッシュタグ・Twitterメンションなどを通して別々に収集した投稿を、一つのウィジェットとして合わせて表示させることができます。Instagram・Twitterの両方でキャンペーンを行う場合や、ハッシュタグ・メンションの両方を活用したキャンペーンなどにも活用することができます。

EmbedSocialでできること:並び替え、表示ON/OFF、デザイン変更など

投稿の並び替えを設定

表示させる投稿は、投稿された日付・サイト上でのクリック数・SNSでのいいね数をもとにして並び替えることができます。

※サイト上でのクリック数・SNSでのいいね数をもとにした並び替えは、プレミアムプラン・エンタープライズプランでのみご利用可能です。

また、トップに表示させたい投稿を指定することもできます。「固定表示」では選択された投稿が常に最上位に表示され、「表示順」を活用すると、1〜20の番号を振り分け表示させる順番を設定することが可能です。

※「固定表示」させた投稿は「表示順」に優先して最上位に表示され、複数の投稿に「固定表示」を設定した場合には、最後に設定した投稿が最上位に表示されます。

収集した投稿の表示ON/OFF

収集した投稿は管理画面よりON/OFFの設定をすることができるため、該当ハッシュタグのついた関係のない投稿が混ざってしまった場合にも安心です。また、全ての投稿を非表示の状態で収集することもできるため、表示させたいものだけを一つずつ選んで表示させるといった使い方も可能です。

キーワードでフィルタリングを設定

手動で投稿のON/OFFを行うだけでなく、事前にキーワードを設定してフィルタリングを行うこともできます。キーワードに「#」をつけてフィルタリングを行うと、ハッシュタグのAND検索という形で指定した2つのハッシュタグがついた投稿のみを収集することも可能です。

レイアウト・デザインの変更

画像と文章を合わせた表示、画像だけの表示、スライダーでの表示などレイアウトは全部で13種類用意されています。一部を除き、用意されているほぼ全てのテンプレートはスマートフォンでの表示にも対応しています。カスタムCSSを追加することでサイトのデザインに合わせてレイアウトを細かく調整することもできます。

動画にも対応

ハッシュタグを通して画像だけでなく動画付き投稿を収集することも可能で、Instagram・Twitterでの動画キャンペーンなどにもご利用いただけます。ハッシュタグを起点とはできないものの、Youtube・TikTok・Vimeoといった動画専用メディアから投稿を収集することも可能です。

サイト上でのクリック数をカウントし、効果測定

「フィードアナリティクス」という機能を活用すると、サイト上でのクリック数を計測しキャンペーンの効果測定を行うことができます。

どの投稿が何回クリックされたかという情報だけではなく、ポップアップやロゴマーク、フォローボタンなどウィジェットのどの部分がクリックされたかという情報も取得でき、クリックされた回数はグラフ化され視覚的に把握することができます。

※こちらの機能は、プレミアムプラン・エンタープライズプランでのみご利用可能です。

導入事例

EmbedSocialを使ってハッシュタグキャンペーンを実施・投稿を収集いただいている事例をいくつかご紹介させていただきます。

フジパン様

フジパン様の主催するキャンペーン「メロンパン選手権」にEmbedSocialを導入いただきました。

ユーザーに投稿してもらったオリジナルレシピを、Instagram・TwitterそれぞれからEmbedSocialを通して収集、1つのウィジェットとして表示をいただいております。オリジナルのテンプレートデザインにカスタムCSSを追加し、サイトのデザインと合わせたより洗練されたデザインに仕上げていただきました。

https://embedsocial.jp/blog/case-studies/fujipan/

中部国際空港 セントレア様

セントレア様は1年を通して複数のキャンペーンを同時に実施し、集まった投稿をEmbedSoicalを通して収集しサイト上に表示いただいております。初期費用なし・月額6,500円〜の価格にてご利用が可能なため、中長期的な運用も実施できるのがEmbedSocialの魅力の一つです。

https://embedsocial.jp/blog/case-studies/chubu-international-airport-centrair/

VIVA SQUARE KYOTO (ビバスクエア京都)様

京都市唯一の屋外スケートリンク VIVA SQUARE KYOTO様では、Instagram・Twitter上で実施しているキャンペーンの投稿を収集し、サイト上に一つのウィジェットに組み合わせて表示いただいております。ウィジェットの上にレイヤーを重ね、サイト上の他コンテンツと融合をいただいているのも特徴です。

https://embedsocial.jp/blog/case-studies/viva-square-kyoto/

ご利用料金

EmbedSocialは初期費用なし・月額6,500円〜 にてご利用をいただくことができます。一番下のPROプランでも最大で3ソース(3ハッシュタグ)を設定をすることができ、大規模なキャンペーンを除いて多くのケースでご利用いただくことができます。

より効率的なハッシュタグキャンペーンの運用に、ぜひいかがでしょうか?

ご質問やトライアルなど、お気軽にお問い合わせくださいませ。

関連記事

7月 15, 2020

TwitterによるInternet E…

2020年6月2日よりTwitterによる「Internet Explorer 11」のサポートが終…

Featured image social media aggregator
6月 22, 2020

Twitterの各パーツをブログやウェブ…

ツイッターを利用する魅力の一つは情報拡散力ですが、この拡散力を加速させるために取り組みたいのが、ツイ…

6月 19, 2020

2020年6月 最新アップデート情報

2020年6月現在の、最新アップデートをご紹介させていただきます。 EmbedSocialは、ユーザ…

2月 12, 2020

2020年 旧Instagram API…

2020年6月29日、インスタグラムの旧APIが廃止されます。6月30日以降、新しいAPI(Inst…