2020-07-15

SNSの投稿をWEBサイトに埋め込むことができるツール

EmbedSocial エンベッドソーシャルとは、Instagram, Facebook, Twitter, Google Reviewの 写真・動画・レビューなどを簡単にWEBサイトに組み込むことができる、SaaS型のウィジェット作成ツールです。全世界で50,000人以上の ユーザーが1,000,000以上のウィジェットを作成し(2019年7月現在)活用しております。

2020年はInstagram APIの変更やTwitterによるInternet Explorerサポート終了も発表されましたが、EmbedSocialではこれらの変更に全て対応し、今まで同様に各ソーシャルメディアから投稿を収集し、WEBサイトに埋め込んで表示させることができます。

目次

  1. SNS投稿埋め込みツール EmbedSocialとは?
  2. 新Instagram API対応・Internet ExplorerでのTwitter埋め込みも可能
  3. 表示のON/OFFやキーワードで絞り込みなどの充実した機能
  4. 大手導入実績多数!初期費用無料・月額6,500円〜 ご利用いただけます

SNS投稿埋め込みツール EmbedSocialとは?

ソーシャルメディアの投稿・レビューなどを、簡単にWEBサイトに埋め込むことができるSaaS型のウィジェット作成ツールです。全世界で50,000人以上のユーザーが1,000,000以上のウィジェットを作成し活用しております。

対応しているソーシャルメディアは現時点で7種類(2020年9月現在)。InstagramやTwitterから投稿を収集するだけでなく、Youtube・TikTokなどの動画にも対応。Googleマイビジネスに投稿されたレビューをWEBサイトへと同期して埋め込むこともできます。

使い方は様々。多様な使い方に対応できる充実した機能と簡単な操作性が人気の理由の一つです。

新Instagram API対応・Internet ExplorerでのTwitter埋め込みも可能

新Instagram API (Instagram Graph API) への対応

2020年6月29日にインスタグラムの旧APIが廃止され、旧APIを使用してInstagramの投稿を収集・表示を行なっていたツールは使用ができなくなりました。

EmbedSocialでは2019年の時点で、新Instagram API (Instagram Graph API) への対応を完了し、今まで通りアカウントのフィード投稿、ハッシュタグを介して一般ユーザーの投稿も収集いただくことが可能です。

Instagram API変更に関する詳細は、こちら

Internet Explorer でのTwitter埋め込み表示

同月、TwitterがInternet Explorerのサポートを終了し、IEブラウザでのTwitterへのアクセス・埋め込んだツイートの表示が不可能となりました。

EmbedSocialは、API経由で情報を取得し独自のウィジェットで出力しているため、Twitterのサポートが終了したInternet Explorer上であってもTwitterから収集した投稿を表示いただくことが可能です。また、現在のところIEブラウザでの表示サポート終了の予定もございません。

TwitterによるInternet Explorerサポート終了に関する詳細は、こちら

その他ほぼ全ての主要ブラウザで埋め込んだ投稿を表示させることができます。

CMSを使ったEmbedSocialの埋め込み

投稿の埋め込みにおいては、EmbedSocialシステムで簡単な設定を行ったのち自動的にHTML/Javascriptでできたコードが生成されます。WordpressなどのJavascriptに対応しているCMSであれば、基本的に問題なく表示をいただくことが可能です。

※確認用のサンプルコードをお渡しさせていただくことも可能ですので、ご希望の際にはお問い合わせくださいませ。

表示のON/OFFやキーワードで絞り込みなどの充実した機能

収集した投稿の表示ON/OFF

収集した投稿は、管理画面よりON/OFFの設定をいただくことができます。不適切な投稿が一切表示されないようにするために、新規投稿を全て非表示の状態でシステムに収集し、表示を希望するものだけを承認していくといった設定方法も可能です。

収集した投稿をAND検索して表示

通常のInstagramでは不可能なAND検索も、EmbedSocialの機能を通して行うことができます。

システムを通して収集した投稿にキーワードでフィルタリングをかけることで、キーワードとして設定した全てのハッシュタグを含む投稿のみをウィジェットに表示させることができます。

ハッシュタグやアカウントを自由に設定できる

EmbedSocialでは、管理画面からソースの追加・変更・削除を行っていただくことができます。収集するハッシュタグや登録アカウントの変更にあたり、申告やメールでのやりとりなどは必要ありません。

5種類以上のSNSに対応している

Instagram・Twitterからのフィード投稿の収集・ハッシュタグでの収集はもちろん、FacebookやYoutubeなどからも投稿を収集することができます。異なるSNSから収集した投稿を組み合わせ、一つのウィジェットとしてWEBサイト上に表示いただくことも可能です。

レイアウト・デザインを自由に設定できる

画像と文章を合わせた表示、画像だけの表示、スライダーでの表示などレイアウトは全部で13種類用意されています。カスタムCSSを追加することでサイトのデザインに合わせてレイアウトを細かく調整することもできます。

他にも、サイト上に表示させた投稿に外部リンクを設置する機能や、収集した投稿情報をレポートとして出力できる機能、サイト上でのクリック数をカウントする機能といった「SNSマーケティングツール」としての機能が豊富に揃っています。

大手導入実績多数!初期費用無料・月額6,500円〜 ご利用いただけます

EmbedSocialを使用し、SNSの投稿を活用いただいている事例をいくつかご紹介させていただきます。

EDWIN様

EDWIN様にはブランドごと・店舗ごとのInstagram投稿を、それぞれEmbedSocialを使って表示いただいております。PROプラン・PRO Plusプランの場合には3時間ごと、プレミアム・ENTERPRISEプランの場合には15分ごとにシステムが投稿を収集し、自動的にサイトへの表示を実行します。

https://embedsocial.jp/blog/case-studies/edwin/

Olympicグループ様

首都圏の大手総合スーパーマーケット「Olympicグループ」様のトップページに導入をいただきました。Instagram・Twitter・Facebook・Youtubeの投稿をまとめて一つのウィジェットに出力し、最新情報を画像付きで掲載いただいております。

VIVA SQUARE KYOTO (ビバスクエア京都)様

京都市唯一の屋外スケートリンク VIVA SQUARE KYOTO様では、Instagram・Twitterからハッシュタグで収集したユーザーの投稿を一つのウィジェットとしてWEBサイト上に表示をいただいております。ウィジェットの上にレイヤーを重ね、サイト上の他コンテンツと融合をいただいているのも特徴です。

https://embedsocial.jp/blog/case-studies/viva-square-kyoto/

ご利用料金

EmbedSocialは初期費用なし・月額6,500円〜 にてご利用をいただくことができます。最安のPROプランでは、最大で3ソース(アカウントやハッシュタグなど)を設定をすることができ、中小規模の企業様でも継続してご利用をいただける価格設定となっております。

SNSのさらなる活用にぜひいかがでしょうか?

ご質問やトライアルなど、お気軽にお問い合わせくださいませ。

関連記事

7月 15, 2020

TwitterによるInternet E…

2020年6月2日よりTwitterによる「Internet Explorer 11」のサポートが終…

Featured image social media aggregator
6月 22, 2020

Twitterの各パーツをブログやウェブ…

ツイッターを利用する魅力の一つは情報拡散力ですが、この拡散力を加速させるために取り組みたいのが、ツイ…

6月 19, 2020

2020年6月 最新アップデート情報

2020年6月現在の、最新アップデートをご紹介させていただきます。 EmbedSocialは、ユーザ…

2月 12, 2020

2020年 旧Instagram API…

2020年6月29日、インスタグラムの旧APIが廃止されます。6月30日以降、新しいAPI(Inst…